妊娠中に摂取すべき3つの成分!

妊娠中に限らず全般的に言えることですが、ビタミン、ミネラル、たんぱく質が摂取すべき3つの主要成分になります。

 

葉酸だけを取るといった偏ったことをせずにバランス良く食事やサプリを摂取していくように心がけましょう。

 

 

 

バランスよく摂取することを心がけましょう

 

妊娠というと葉酸!と思って葉酸サプリを摂取する方は増えてきました。

 

確かに葉酸は大事なものですし、必要ですがそれだけとればいいというものではありません。

 

バランスというものを考えたいですね。

 

要するに、ビタミン、ミネラル、たんぱく質を主体としてメニューを考えていけばいいわけです。
ビタミンCがいいからといってそればっかりに執着せずに、いろんなものを摂取していくことを考えましょう。

 

ビタミン類

 

葉酸もビタミンの仲間です。
葉酸にこだわるのではなく、緑黄色野菜や食物繊維が取れる根菜類、ビタミンAやCが取れる果物などいろんなものを食べていきましょう。
果物に関しては食べすぎると糖質の過剰摂取になりますのでほどほどに。

 

ミネラル

 

不足しがちなので葉酸サプリにミネラルが同時に含まれているものを購入すると便利です。
鉄分、亜鉛、カルシウム、マグネシウムを意識して摂取していきましょう。
魚介類、大豆、乳製品に含まれています。

 

ただし、生魚やナチュラルチーズ(非加熱なので)に関しては食中毒を起こしやすいものですので控えた方がいいですね。
この2つに限らず、生ものはできるだけ控えていきましょう。

 

たんぱく質

 

肉や大豆、卵、魚などに含まれます。
動物性脂肪が気になる方は大豆や魚でしっかり取るように工夫しましょう。

 

食のストレスをためないように!

 

 

妊娠中は今まで食べていた嗜好品(甘いものやアルコール、居酒屋メニューなど)を制限されてしまうのでストレスを食べがちです。

 

確かに体重が増えすぎてもいけませんのである程度の制限は必要ですが、月に数回は好きなものを食べていいなどのルールを作って上手に解消していきましょう。
過度の我慢はやけ食いの原因になってしまいます。

 

ハーブティーやお茶に関しては妊婦には向いていないものがあるので、調べてから飲むようにしましょう。
なんでもかんでもだめというわけではないので、どんなものが摂取可能か調べていくと案外大丈夫なものが多いことに気づくと思います。

 

最近では妊婦向けのノンカフェインのお茶やコーヒーが増えてきましたので(例・ルイボスティーやたんぽぽコーヒー、カフェインレスコーヒーなど)こういったものをうまく活用していきましょう。

 

 

 

関連ページ

マタニティライフ保険ってどんな保険?
通常、帝王切開などの手術が発生しないと普通分娩に関しては保険がおりないというのが常識でした。ところが最近普通分娩もカバーする保険ができました。少額短期保険という特殊な保険で扱っている会社はまだ限られていますが、条件などを確認してみましょう。
妊娠初期から妊娠線予防していますか?
妊娠線はできてしまうと消すのが困難になってしまうので、早目の対策が必要です。妊娠がわかったらおなかが大きくなる前にクリームなどを塗っておけば、できたとしても最小限に食い止めることが可能です。