妊娠中の子供達への悩みって?

三人子供が欲しい。それは夫婦で思っていました。

 

年の差はそんなにこだわってなく子供たちが小学生くらいになってからだね。なんて思っていた矢先三人目を妊娠しました。

 

 

検査薬で反応が出た時ビックリして「うそ!こんな早く?」なんてビックリしましたが産む選択しかなく嬉しかったです。

 

思い悪阻・・・そしてお兄ちゃんも・・・

 

しかしやっぱり私は悪阻が軽くはなく重くて上の子の幼稚園を送るのに精一杯でした。
下の子は抱っこ抱っこと泣き叫びご飯も何を食べさせたのかわからないくらい一日一日が精一杯でした。

 

悪阻のピークの時もう何も受け付けなく脱水状態になり赤ちゃんの事もあり入院になりました。
子供達も初めて私と離れて実家に預けることになり毎晩子供達が泣いていると聞きました。

 

だけど赤ちゃんの為にみんなで乗り越えなければいけない壁でした。
お兄ちゃんもストレスなのか私が入院中「気持ち悪い」と言いトイレにこもるようになったそうです。

 

二週間くらいたった退院の許可もおり子供達との生活が始まりました。
だけど毎日ではないのですがお兄ちゃんの嘔吐が始まりやっぱりおかしいと思い総合病院に連れて行きました。

 

知らないうちにストレスはたまっていくものです

 

 

すると診断が「アセトン嘔吐症」でした。自家中毒です。

 

もともと優しい子で我慢強く面倒見の良いお兄ちゃんでした
。医者から環境の変化や何か変わった事なかった?と言われ思わず、泣いてしまいました。

 

自分の悪阻や赤ちゃんの事下の子のイヤイヤ期でお手伝いをしてくれるお兄ちゃんにすっかり私も甘えてしまって本当に最低な母親だと思いました。

 

もう5歳。されど5歳なんです。まだまだ甘えたい年頃なのに頼りすぎてしまった私。今思い出すだけで涙が出てきます。
診察が終わった後、お兄ちゃんが私に抱き着いて来て「寂しかったよお母さん!」と大泣きしました。

 

協力して乗り越えていきましょう

 

それから幼稚園にも相談し旦那とも話しをし出来る限りお兄ちゃんや下の子の心のケアに力を入れました。

 

毎日必ず抱きしめるようにしたりお腹が大きくて抱っこできないときは膝の上で抱っこしたり綿棒をしてあげたりし、体と体を毎日触れ合うようにしました。

 

お兄ちゃんの嘔吐も落ち着き赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしてくれてました。

関連ページ

妊娠中のマイナートラブル?
妊娠中出産まですっきりする事がないまま出産しました。お腹の中で命を育てる。本当に大変だと思いました。私は妊娠中色々な体の不調に悩まされました。そんな日々の妊娠中のお話しを簡単に記事にしたいと思います。
マタニティライフに欠かせない体重管理!
妊娠中は体重が増加しやすく、冷たいものや甘いものは体重に反映しやすくなります。体重管理のポイントは食生活と運動ですが、無理なくコツコツと継続し、無理のない範囲で取り組んでいきましょう。体重管理をきちんとすることで、スムーズなお産ができることに繋がります。